【ビジネスワイヤ】ヘルスケア機器のPHC(東京都港区)は、スペシャリティ医薬品管理システム「SDMS」を発売したと発表した。SDMSはアルフレッサ(東京都千代田区)および富士通Japan(東京都港区)と共同開発したもので、個別化医療支援プラットフォーム「NOVUMN」(アルフレッサが商標登録出願中)を構成する製品。無線通信タグ、クラウド型インフラ基盤、IoT(モノのインターネット)技術を活用し、冷温保存すべき医薬品の流通と保管を一元管理する。有効成分の変質を防ぎ、患者にとって安全な投薬環境の実現に役立つ。既設の薬用冷蔵ショーケースに後付けできるため、ケースの新規購入が不要。(C)時事通信社