【ワシントン時事】バイデン米大統領は24日、新型コロナウイルス流行に伴う物資不足を教訓として、重要な製品の供給網(サプライチェーン)を強化する大統領令に署名した。世界的に調達難に陥っている半導体や、電気自動車(EV)用大容量電池、レアアース(希土類)、医薬品の4分野を100日以内に点検し、新戦略を策定する。中国からの輸入依存度を引き下げる狙いだ。
 バイデン氏は署名に際し、国家安全保障の観点から「供給網の危機を防ぐ必要がある」と強調。貿易相手国による資源の囲い込みに備えて「信頼できる国と緊密に協力する」と語った。日本などの同盟国と連携強化を図り、在庫や生産調整、情報共有を行う構想を描く。国内生産を増強するため、輸入制限を排除していない。半導体などの供給や開発を支援する予算措置も検討する。 (C)時事通信社