島根県の丸山達也知事は25日、厚生労働省で山本博司副大臣と会談し、今夏の東京五輪・パラリンピック開催に向けて新型コロナウイルス対策の強化を求めた。丸山氏は会談後、記者団に対し、これまでの対策は不十分だとの認識を示した上で「今の状況では開催に賛成し難い」との考えを改めて表明。また、県の予算を使って聖火リレーを実施するのは難しいとの見解も示した。
 丸山氏は「より国民に受け入れやすい環境を整えて開催すべきだ」と強調し、その責任は政府と東京都にあるとの認識を明らかにした。都への対応については「直接お願いする立場ではない。政府を通じて改善をお願いした」と語った。
 丸山氏によると、山本副大臣に対して「東京エリアでの対応力を引き上げて五輪に臨むべきではないか」と伝えると、「疫学調査の重要性はよく認識している」との返答があったという。 (C)時事通信社