25日に発表された1月の百貨店とスーパーの売上高は、新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言の再発令で明暗が分かれた。営業時間短縮を強いられた百貨店は前年同月比3割減。一方、巣ごもり消費で食品が伸びたスーパーは4カ月連続で増加した。 (C)時事通信社