自民党の竹下亘元総務会長(衆院島根2区)は25日、島根県の丸山達也知事と衆院議員会館で面会した。丸山氏が政府や東京都の新型コロナウイルス対策を批判し、同県内での東京五輪聖火リレーの中止検討を表明したことに対し、「聖火リレーは次元の違う話だ。問題だ」と苦言を呈した。面会後、竹下氏が記者団に明らかにした。
 丸山氏が聖火リレー中止に言及したことを受け、地元選出の竹下氏は18日、「不用意な発言だ。注意しようと思っている」と不快感を表明。知事に対し、国会議員が「注意する」とした発言に、地方自治の観点から批判も出ていた。 (C)時事通信社