衆参両院の議院運営委員会は25日の理事会で、新型コロナウイルス感染拡大を受けて10都府県に発令中の緊急事態宣言に関し、26日に委員会を開いて政府から報告を受けることを決めた。
 これに先立ち、自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長が国会内で会談。安住氏は、菅義偉首相が宣言延長を報告した今月2日と同様、衆参議運委に出席して説明するよう要求した。 (C)時事通信社