国内女子ゴルフツアーの2021年初戦、ダイキン・オーキッド・レディース(3月4~7日、沖縄・琉球GC)の主催者は25日、1日当たり原則1000人の観客を入れて大会を開催すると発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大した昨年以降、ゴルフ男女レギュラーツアーの国内大会でギャラリーを入れるのは初めて。女子での有観客試合は19年最終戦以来となる。
 感染症対策のため、観客には入り口での検温やマスク着用を義務付け、コース内の通路を広く確保するローピングや、社会的距離を確保できる観戦席の配置を行う。主催者側は「21年は東京五輪を控えたシーズンであることや、スポーツの盛り上げにつなげたいとの思いから、安全対策を講じ有観客での開催を模索してきた」と説明した。
 日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長は「目の前で女子プロゴルファーの元気いっぱいのプレーと臨場感あふれる優勝争いを存分に楽しんでいただけたら」とコメントした。 
 女子ツアーでは昨年、14試合が全て無観客で行われた。今年もギャラリーの有無は主催者の裁量に任せられており、3~4月の3試合で無観客開催が既に決まっている。(C)時事通信社