日本中央競馬会(JRA)のトレーニングセンターで働く調教助手らが、新型コロナウイルス対策で国が支給する持続化給付金を不正に受給した疑いが判明した問題で、スポーツニッポン新聞社大阪本社の記者が申請の勧誘に関与していたことが25日、分かった。
 スポニチは25日付の紙面で「レース部に所属する記者が、取材先でJRA競馬関係者の持続化給付金申請の勧誘に関与していたことが社内調査で分かった。記者倫理を逸脱したことに対し、おわび申し上げる」などとする謝罪文を掲載した。 (C)時事通信社