新型コロナウイルス感染症対策分科会(尾身茂会長)は25日の持ち回り会合で、緊急事態宣言を解除した地域での感染再拡大を防ぐため、「花見は宴会なし」とするなど、当面実施すべき対策を提言した。
 提言は、「宣言が解除されると感染防止策がおろそかになる懸念がある」と指摘。卒業旅行や歓送迎会といった恒例行事が感染拡大を引き起こすとして、こうした行事を控えるよう求めている。同時に、リモートワークの徹底も呼び掛けた。 (C)時事通信社