【北京時事】中国国家薬品監督管理局は25日、新型コロナウイルスのワクチン2種類を条件付きで承認したと発表した。国産ワクチンの承認は第3陣で、累計で4種類となった。
 新たに承認されたのは、国有製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)傘下の武漢生物製品研究所が開発した不活化ワクチンと、製薬会社の康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)が手掛けたウイルスベクターワクチン。カンシノの製品は1回の接種で十分な効果があるとされる。 (C)時事通信社