国内では26日、新たに1056人の新型コロナウイルス感染が確認された。死者は80人。重症者は457人で、前日より15人減った。
 東京都は新たに270人の感染が確認されたと発表した。新規感染者は1週間前と比べ83人減少。500人を下回ったのは20日連続となった。都基準の重症者は前日比1人減の70人だった。
 都と共に緊急事態宣言が3月7日の期限まで維持される首都圏3県では、神奈川117人(1週間前比12人減)、埼玉101人(同40人減)、千葉113人(同33人減)の感染が新たに判明した。
 一方、今月末に緊急事態宣言が先行解除される6府県の新規感染者は、大阪77人(1週間前比14人減)、京都8人(同9人減)、兵庫24人(同7人減)、愛知40人(同11人減)、岐阜3人(同8人減)、福岡52人(同8人減)だった。
 厚生労働省によると、英国で流行する変異ウイルスが兵庫県の20~60代の女性5人から検出された。いずれも不特定多数との接触はないという。 (C)時事通信社