東京都は26日、新型コロナウイルスの感染状況と医療提供体制を分析するモニタリング会議を開いた。小池百合子知事は席上、6府県での緊急事態宣言の先行解除が気の緩みにつながりかねないと懸念を表明。「気を緩めると感染が再拡大する可能性があり、第4波になってしまう。もう一段感染を抑制することが重要だ」と強調し、都民や事業者に対策への協力を改めて求めた。
 会議では専門家も、都内の新規感染者数の減少速度が鈍化していることを踏まえ、「再度感染拡大に転じることへの十分な警戒が必要だ」と危機感を示した。入院患者数も減少傾向にあるものの、「通常医療への影響が長期間続いている」と指摘し、医療機関や保健所の負荷を軽減するため、さらなる感染抑え込みの必要性を訴えた。 (C)時事通信社