スシローグローバルホールディングスは26日、吉野家ホールディングスの100%子会社である京樽(東京)を4月1日付で買収し、完全子会社化すると発表した。スシローは吉野家との間で株式譲渡契約を結んだ。買収額は非公表。スシローは京樽を傘下に収めることで、新型コロナウイルス禍で高まるテークアウト需要を取り込む。
 スシローは大阪府吹田市に本社を置くなど、関西を基点に全国展開を進めてきた。一方、京樽はテークアウト専門店のほか、回転ずしチェーン「海鮮三崎港」やカウンターですしを提供する「すし三崎丸」を関東を中心に展開してきた。スシローは京樽のノウハウを生かして関東での出店にさらに力を入れ、相乗効果を発揮する狙いだ。 (C)時事通信社