厚生労働省は26日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを先行接種された医療従事者で、これまでに副反応が疑われる症状が報告された3人のうち、2人には食物アレルギーなどの基礎疾患があったと発表した。強いアレルギー症状「アナフィラキシーショック」の報告はないという。
 同日あった厚生科学審議会の部会で報告された。部会は、同ワクチンの安全性に重大な懸念は認められないとして接種を続けることを確認した。
 厚労省によると、ワクチンは25日までに、国立病院など全100カ所の実施施設で計2万1896人に接種された。先行接種対象の医療従事者約4万人のうち、体調の変化を調べるために詳細な記録を取る約2万人の登録は完了した。
 副反応が疑われる3人は、じんましんなどの症状が出たがすぐに回復した。報告した医師は接種との因果関係について、2人を「関連あり」、1人を「評価不能」とした。 (C)時事通信社