河野太郎規制改革担当相は26日の衆院予算委員会分科会で、新型コロナウイルスワクチンについて、衆参両院議員は国会の判断があれば、職場など居住地以外で接種することも可能との認識を示した。立憲民主党の大西健介氏への答弁。
 大西氏は「国会議員は地元に帰るのが難しい方もいるかもしれない」と指摘し、「国会の場での集団接種」の可能性を尋ねた。河野氏は、単身赴任者は居住地以外でも接種できるとして、「国会議員が単身赴任に当たるかは衆参両院の議院運営委員会で判断してもらう」と語った。
 衆院の高木毅議運委員長に参院側との相談を要請したことも明らかにし、「判断を待ちたい」と述べた。 (C)時事通信社