【ワシントン時事】バイデン米大統領は26日、訪問先の南部テキサス州で新型コロナウイルス対策について演説し「新しい変異ウイルスも出てきており、感染者や入院患者が再び増える可能性がある」と危機感を表明した。その上で、マスク着用や社会的距離の確保といった感染防止策を「緩める時ではない」と呼び掛けた。
 疾病対策センター(CDC)の集計によると、米国内の新規感染者数は7日間の平均で1日当たり約25万人だった1月中旬から、3分の1以下にまで減少。6万人を割り込む日もあったが、ここ数日は増加の兆しが見られる。 (C)時事通信社