卓球のTリーグは27日、今季の全日程を終えた。新型コロナウイルスの感染対策を取りながら、男女のレギュラーシーズン84試合と、2季ぶりの開催となった男女のプレーオフファイナル2試合の計86試合を中止せずに実施。Tリーグの星野一朗理事長は「ほっとしているのが率直な気持ち。リーグのみんながよくやってくれた」と感謝した。
 3季目のシーズンは昨年11月に無観客で開幕。今年に入ってからは入場数を制限しながら有観客でも実施した。1月に緊急事態宣言が発令されたが、試合時間の繰り上げや無観客試合への切り替えで対応。PCR検査の実施や開催ガイドラインの作成で、約3カ月半を乗り切った。 (C)時事通信社