【ビジネスワイヤ】IoMT(医療のモノのインターネット)技術の加ライパック・テクノロジーは、同社の新型コロナ抗原迅速検査システム「LooK・SPOT」をめぐり、アラブ首長国連邦(UAE)の企業と提携したと発表した。提携先はYAS・Pharmaceuticalsとピュア・ヘルスの2社。同システムは、人工知能(AI)とスマートフォンを活用して、97.4%の感度と98.3%の特異度で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を検出する。英国と南アフリカで確認された変異株も検出可能。検査結果は5~8分以内にスマホへ送信し、陰性の場合は入場パスなどに使用できるQRコードを生成する。提携企業の技術を活用して、ITや移動のアプリケーションと統合できる。(C)時事通信社