米製薬大手ファイザーは1日、同社が開発した新型コロナウイルスワクチンに関し、日本国内でも零下25度から零下15度で最長14日間保存が可能になったと発表した。これまでは零下60度以下の超低温が求められていたが、通常の医薬品用冷凍庫で一定期間保管できることになり、接種に向けた輸送などの取り扱いが容易になる。 (C)時事通信社