ヒマラヤは1日、2021年2月中間の連結業績予想を上方修正した。純損益は、従来予想の1億2000万円の赤字から5億1000万円の黒字に引き上げた。新型コロナウイルスの感染拡大を背景にゴルフやキャンプなどが流行し、関連用品の売れ行きが好調だった。通期の純利益予想も従来予想の2億7200万円から9億円に大きく引き上げた。 (C)時事通信社