日本野球機構(NPB)は1日、春季キャンプ直前と期間中に、新型コロナウイルス感染を調べる検査を計1万7573件(2月26日時点)実施したと発表した。陽性判定は3件あったが、いずれもキャンプ地への移動前だった。
 選手、スタッフらはPCR検査を受けてからキャンプ地入りした。キャンプ期間中は宿泊ホテルのスタッフ、球場のアルバイトらも対象に、週1度程度の定期検査が行われた。 (C)時事通信社