河野太郎規制改革担当相は2日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチン保管用の超低温冷凍庫が故障したことについて、「同じ企業が納入した冷凍庫が全国に100台あるが、今のところ保管温度の逸脱の報告はない」と述べ、他の冷凍庫には不具合の事例がないと説明した。
 故障したのは医療従事者向けに先行接種を行っている医療機関に配置された冷凍庫で、保管していたワクチン172瓶が使えなくなった。河野氏は「故障の原因は分かっていない」と述べ、速やかな原因究明に取り組む考えを表明。故障した冷凍庫は交換し、代わりのワクチンを配送する方針を示した。
 河野氏はワクチンをめぐるトラブルについて「自然災害などを考えれば今後も起こる」と述べた。 (C)時事通信社