菅義偉首相は2日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスワクチン接種の進捗(しんちょく)状況が衆院解散の時期に影響するか問われ、「コロナ収束に全力を尽くすのが最優先だ。(衆院議員の)任期も近づいてくるから、そこの段階で考えるのは当然のことだ」と述べるにとどめた。立憲民主党の大西健介氏への答弁。
 一方、自民党からは、解散をめぐる首相の判断は接種状況に縛られないとの見方が相次いだ。二階俊博幹事長は記者会見で「解散は首相の一存で決めることだ」とした上で、「ワクチンで衆院を解散するとか、しないとかは考えていない」と強調。世耕弘成参院幹事長も「何かに縛られるよりは、感染症対策を行いながらしかるべきタイミングに行うことが重要だ」と指摘した。 (C)時事通信社