2021年度予算案の採決が行われた2日の衆院本会議で、議員から賛否を示す木札を受け取る事務局職員が、新型コロナウイルス感染対策のためゴム手袋を着用した。初めての取り組みで、今後も木札を使う際は同様の対応とする見通し。同日の本会議では、議長に向かって大声で進行を促す議事進行係の席にアクリル板が置かれた。 (C)時事通信社