国民民主党は2日、新型コロナウイルス感染拡大を抑止するため営業時間短縮などに協力した企業に、事業規模に応じて給付金を支給する法案の骨子をまとめた。他党に賛同を呼び掛け、週内にも提出する。
 玉木雄一郎代表は先に成立したコロナ対策の改正特別措置法に触れ、「事業規模に応じた公平かつ効果的な支援が置き去りになっている」と問題点を指摘した。国会内で記者団に語った。 (C)時事通信社