【ワシントン時事】バイデン米大統領は2日、食品医薬品局(FDA)が米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンに緊急使用許可を出したことを受け、「米国の全成人へ接種する十分なワクチンを5月末までに入手できる」と表明した。これまで7月末に設定していたワクチン確保の目標を前倒しした。
 バイデン氏はホワイトハウスで演説し、米製薬大手メルクがJ&Jのワクチン製造を支援すると正式発表。両社は競合関係にあり「この種の協力を目にするのは第2次大戦以来だ」と意義を強調した。サキ大統領報道官によれば、民間企業に物資の調達や増産を促す「国防生産法」を発動し、メルクによるワクチン製造を後押しする。 (C)時事通信社