【ロンドン時事】ラグビーの国際統括団体ワールドラグビーは2日、新型コロナウイルスの感染状況や渡航規制が見通せないため、9~10月にニュージーランドで開催予定だった女子ワールドカップ(W杯)を来年に延期する案を今月8、9日の理事会などに諮ると発表した。同国政府やラグビー協会と協議した結果、参加チームに最高の環境を提供できないと判断した。
 日本などが出場予定だった今月のW杯アジア最終予選は既に中止され、代替案が検討されていた。 (C)時事通信社