【ロンドン時事】英政府は3日、現在19%の法人税率を2023年に25%に引き上げると発表した。新型コロナウイルスの経済対策で巨額の支出を行ってきたことで、景気てこ入れに加えて財政再建も進める必要に迫られた。ロイター通信によると、法人税率の引き上げは1974年以来約50年ぶりとなる。
 スナク財務相は議会演説で、「税率変更後も英国は先進7カ国(G7)の中で最も低い法人税率水準を維持する」と強調。「この決断はきっと不人気だろうが、債務問題は将来誰かが対処しなければならない」と理解を求めた。
 発表によると、利益が5万ポンド(約750万円)以下の中小企業に対しては増税せず、現行の税率を維持する。25%の法人税率が適用されるのは、企業全体の1割程度になるという。
 一方、所得税や付加価値税(日本の消費税に相当)は引き上げを見送ると表明。政府が従業員の賃金の8割を肩代わりする雇用維持の支援制度についても、期限を4月末から9月末まで延長すると述べた。 (C)時事通信社