経済産業省は4日、貿易保険法改正案の今国会提出を見送ると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大によって海外事業への投資で損害が生じた企業を救済するための改正案を提出する予定だったが、政府が全額出資する日本貿易保険(NEXI)で、保険料の誤徴収などの問題が発生。再発防止策の策定と業務体制の強化を優先する。
 コロナの感染拡大を受け、海外に進出する企業がロックダウン(都市封鎖)などによって追加的に発生した費用を保険で賄えるようにする内容だった。現状では、保険金支払いが可能なのは戦争や革命、内乱が起きた場合に限られている。 (C)時事通信社