Jリーグは4日、大阪・パナソニックスタジアム吹田で6日に開催する予定だったJ1第2節、G大阪―鹿島を中止すると発表した。この日までにG大阪の選手5人、スタッフ1人が新型コロナウイルス検査で陽性判定を受け、感染の広がりなど状況を確認できていないため。代替日は未定。
 G大阪では3日までに選手4人、スタッフ1人の陽性が確認され、同日の名古屋戦(愛知・豊田スタジアム)が中止になった。これを受けて4日に選手やスタッフ、アカデミー選手ら計225人を対象にPCR検査を実施したところ、新たにトップチームの選手1人が陽性判定を受けた。クラブによると、地元保健所からクラスター(感染者集団)と認定された。 (C)時事通信社