自動車のルマン24時間耐久レースを主催するフランス西部自動車クラブ(ACO)と国際自動車連盟(FIA)は4日、当初6月12、13日を予定していた決勝日程を、8月21、22日に延期すると発表した。衛生対策を徹底した上で、観客動員の可能性を見いだすための措置。
 新型コロナウイルスの影響により、昨年のルマン24時間は6月から9月に延期され、無観客で実施。中嶋一貴らのトヨタ8号車が総合3連覇を遂げた。2年連続の無観客開催を回避したいACOの意向が反映された日程変更となる。 (時事)(C)時事通信社