大手居酒屋チェーンの鳥貴族ホールディングスは5日、ハンバーガー事業に参入すると発表した。8月に東京23区内でチキンバーガー専門店「TORIKI BURGER(トリキバーガー)」1号店をオープンする。新型コロナウイルスの感染拡大による外食自粛の影響で2021年7月期通期は過去最大の赤字となる見込み。持ち帰りなどの需要も見込める新規事業で活路を開きたい考えだ。
 展開するチェーン店「鳥貴族」と同様に、使用する食材はすべて国産。店内飲食に加え、持ち帰りや配達、ドライブスルーで販売する。24年7月期までに20億円を投じて10~20店舗に広げる。ファストフードは市場規模が大きく、感染症のリスクを受けにくいと判断した。長期的には海外展開も検討する。
 同社は5日、21年7月期の連結純損益が8億円の赤字になるとの予想を発表した。感染拡大や緊急事態宣言の再発令などで、主力の居酒屋事業が落ち込んだ。 (C)時事通信社