緊急事態宣言が再延長される首都圏の4都県では5日、解除を期待していた飲食店関係者らから「経費ばかりかさむ」「稼ぎ時なのに」と嘆きが漏れた。「このまま続けて意味があるのか」と、効果に懐疑的な声も聞かれた。
 感染者数減少の鈍化が目立つ千葉県。千葉市の繁華街にある焼き鳥店「浪花屋鳥造」の松山響マネジャー(49)は、「歓送迎会の多い稼ぎ時なのに。この時期にこんなに客がいないのは初めて」とうなだれた。「お好み焼きぎおん」の清水亨店長(46)は「早く通常営業したいが、感染がそこまで減っておらず、仕方ない」と割り切った。
 レンタルおしぼりを扱う「FSX」(東京都国立市)の犬塚勉専務(54)は「まだ続くのか」とため息。時短や休業中の飲食店から解除を見込んだ注文が入り、工場を再稼働して準備していたという。「無駄な経費ばかりかさみ、うんざりだ。われわれの業界は補償も決まらない。場当たりではなく見通しを示してほしい」と要望した。
 今が最盛期のイチゴ狩り。神奈川県伊勢原市の「川島いちご園」の栽培管理者川島一彦さん(58)は、「暖かいからイチゴがどんどん実る。この時期にお客さんが戻らないのは厳しい」と落胆した。人数制限をして営業するが客足は例年の5分の1といい、再び来園者でにぎわう日を待ち望んだ。
 JR新橋駅前では、延長を容認しながら、効果には冷ややかな意見も目立った。東京都港区の無職肥田保津江さん(73)は「仕方ないが、緩んでいる人も多い。みんなが守らないと」と危惧。江戸川区の介護職の男性(45)は「宣言下でも会食する人はする。延長しても状況は変わらない」と断じた。練馬区の自営業の男性(26)は「解除したらまた増えてしまうので賛成。さらに強い対応で減らしてから解除すべきだ」と訴えた。 (C)時事通信社