菅義偉首相は5日の記者会見で、今夏の東京五輪・パラリンピックで海外からの観客を受け入れるかどうかについて「変異株の影響、国内外の感染状況を踏まえ、主催者である国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)、東京都、組織委員会の中で検討してまいりたい」と述べ、関係機関と協議を進めていく考えを示した。政府は海外からの観客受け入れを見送る方向で調整しているが、首相は「(自身の考えを)申し上げることは控えたい」と述べるにとどめた。 (C)時事通信社