厚生労働省は7日までに、新型コロナウイルスワクチンを接種された医療従事者の20代と30代女性が、強いアレルギー症状アナフィラキシーを発症したと発表した。この症状の国内での報告は2、3例目。2人は息苦しさなどの症状が出たが、投薬後に改善した。
 症例報告した医療機関は、接種との因果関係について、いずれも「関連あり」としており、厚労省が詳しく調べる。
 厚労省によると、20代女性は基礎疾患の有無は不明。5日に接種を受けて約25分後にじんましんが出た後、発熱や血圧低下、息苦しさなどの症状が見られた。30代女性は食物などでアナフィラキシーの既往歴がある。7日に接種を受け、約5分後に息苦しさや喉の違和感などの症状が出た。 (C)時事通信社