【女子ゴルフ・ダイキン・オーキッド・レディース】最終日(7日、沖縄・琉球GC、6561ヤード=パー72、賞金総額1億2000万円、優勝2160万円)
 3位から出た22歳の小祝さくらが5バーディー、1ボギーの68で回り、通算14アンダーで逆転、2021年の初戦を制した。昨年9月のゴルフ5レディースに続く20~21年シーズン2勝目でツアー通算3勝目。
 1打差の2位は前日首位タイの森田遥。さらに1打差の3位は田辺ひかり。19歳の西郷真央は上がり2ホールで連続ボギーをたたき、上田桃子とともに通算11アンダーの4位。渋野日向子は5アンダーの13位だった。ペ・ソンウ(韓国)が13番(パー3)でホールインワンを達成した。
 新型コロナウイルス対策のため、ギャラリーは1日当たり1000人を上限とし、女子ツアーでは19年の最終戦以来、1年3カ月ぶりの有観客で開催された。大会4日間の観客は計3423人。ツアーは20、21年が統合シーズンとして実施され、21年は38試合が予定されている。 (C)時事通信社