「緊急事態宣言発令中だ。大きな声は慎んでほしい」。8日の参院予算委員会で、立憲民主党の小西洋之氏による総務省接待問題の質疑中、山本順三委員長がこう注意する一幕があった。
 小西氏は、菅義偉首相の長男正剛氏の関与に触れ、首相の政治責任をただした。しかし、答弁に納得がいかず、「首相自身の政治家としての反省が求められている。何を言っているのか」と語気を強めた。
 山本氏の発言に、野党側が質問権の侵害と抗議したため、審議は一時中断。再開後、小西氏は「冷静に心を込めて質問する」と仕切り直した。 (C)時事通信社