公明党の山口那津男代表は8日、通信制高校「N高校」御茶ノ水キャンパス(東京都千代田区)に出向き、オンラインで同校生徒と対談した。「どのような状況になっても自民党との協力を続けるか」との質問に、「永遠ではない。国民の支持、信頼が失われることがあれば、連立が永遠に保証されるものでもない」と述べた。
 「政治とカネ」をめぐる不祥事が続く自民党に、自浄能力の発揮を促した発言とみられる。一方で山口氏は、同党について「一度決めたら皆で実行する伝統があり、野党や公明党、それ以外の国民の声も一応受け止めて考える姿勢を持っている」と指摘。「パートナーとして経験と人材と総合力でベターだ」との評価も示した。 (C)時事通信社