【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)は8日、新型コロナウイルス感染防止に向けたガイドライン(行動指針)を改定し、ワクチン接種を完了すれば、小人数で集まったり他人を訪問したりできるという見解を示した。ワクチン接種が進む中、経済活動や社会生活の足かせとなっている規制の緩和に乗り出した。
 CDCの指針は、米ファイザーと米モデルナのワクチンなら2回、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンなら1回の接種を終え、2週間が過ぎた人が対象。接種済みの人同士が会う場合、マスク着用や社会的距離の確保が不要になるほか、感染者と濃厚接触しても症状がなければ隔離しなくてもよい。
 ただ、公共の場や重症化リスクの高い人を訪れる場合は、接種後もマスク着用や社会的距離の確保が必要。渡米に際しての陰性証明義務付けなど、旅行に関する規制も従来通りだ。 (C)時事通信社