【ニューヨーク時事】米東部ニューヨーク市のデブラシオ市長は8日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、昨年11月から停止していた高校の対面授業を22日から再開すると発表した。運動部の活動も4月中旬から再開を認める。
 対面授業を望まない生徒は、オンラインで授業を受けることができる。米紙ニューヨーク・タイムズによると、市内の高校生28万2000人のうち、対面授業を昨年秋の時点で希望していた生徒は5万5000人程度にとどまる。 (C)時事通信社