河野太郎規制改革担当相は9日の記者会見で、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンをめぐり、インスリン用注射器の利用で1瓶当たり7回接種できるとの指摘に関し、「(糖尿病患者らの)使用頻度が高いと聞いている。そういう方に迷惑を掛けないよう、余剰分があれば調達も考え得る」と述べ、検討を指示したことを明らかにした。
 これに対し、加藤勝信官房長官は会見で「国として広く推奨する予定はない」と強調。その一方で「それぞれの医療機関、地域が考えながら、(注射器を)選択していく」とも述べ、現場の判断を尊重する考えを示した。
 田村憲久厚生労働相は会見で「7回取れるのは確かで、ファイザー社も否定していない」と指摘した。皮下注射のインスリンと違い、同社製ワクチンはより深い筋肉内への注射が必要となることについては、「(針が)筋肉まで届くなら、否定しない」と述べた。
 同社製ワクチンについて、政府は当初、1瓶からの接種回数を6回と想定したが、確保した注射器では5回に減ることが判明。全国民に必要な数量を用意できるかが課題となっている。 (C)時事通信社