加藤勝信官房長官は9日の記者会見で、新型コロナウイルスの水際対策をスムーズに行うため、新システム開発に向けた関係省庁の調整役として、木原稔首相補佐官を起用したと発表した。
 新システムは「統合型健康情報管理システム」(仮称)。東京五輪・パラリンピックを見据え、入国審査や検疫、滞在中の健康状態などを一体的に管理することを想定している。
 入国者の情報管理は外務省、法務省、厚生労働省など関係する省庁が多いことから、木原氏が調整役を担う。加藤氏は新システムについて「利用者へのワンストップサービスの提供や手続きの効率化が図られる」と強調した。 (C)時事通信社