【ビジネスワイヤ】医療技術のジーエヌコーポレーション(GNC、山梨県甲府市)は、補助食品「ニチグルカン」が新型コロナ感染症のワクチンアジュバントとなる可能性に関する論文がHuman・Vaccines・and・Immunotherapeutics誌に掲載されたと発表した。論文では、黒酵母が産生するβ-グルカンのニチグルカンが、粘膜免疫、自然免疫、適応免疫、訓練免疫を増強する可能性が指摘された。ニチグルカンは、鳥インフルエンザに対するワクチンアジュバント効果が報告済み。論文著者らは、ニチグルカンを新型コロナのワクチンアジュバントとして検証するための臨床研究を提唱している。(C)時事通信社