リクルートキャリア(東京)は9日、2022年春に卒業する大学生の3月1日時点の就職内定率が、前年の同時期と比べ1.8ポイント上昇の17.6%だったと発表した。3月1日時点としては調査を開始した13年卒以降で過去最高。新型コロナウイルス感染拡大後に需要が高まっている情報通信業界が採用を早めているのが要因。
 リクルートキャリアは「業種、従業員規模、地域別でばらつきがある」(広報)と話している。 (C)時事通信社