国際体操連盟(FIG)などは9日、東京五輪のテスト大会を兼ねて5月4日に東京・有明体操競技場で予定されていた体操の個人総合ワールドカップ(W杯)シリーズ東京大会の中止を発表した。
 個人総合W杯シリーズは東京五輪予選を兼ねていたが、新型コロナウイルス感染拡大でドイツ、英国の大会が中止され、予選として成立しなくなっていた。FIGは東京大会中止の理由に、予選でなくなったことや世界的な渡航制限を挙げている。 
 東京五輪・パラリンピック組織委員会によると、開催が予定されていた日に同じ会場で競技会を想定した運営テストを実施する。(C)時事通信社