【ワシントン、ニューデリー時事】米ホワイトハウスとインド外務省は9日、日米豪印の4カ国による連携枠組み「クアッド」の初めての首脳会談を12日にテレビ会議方式で行うと発表した。協力を首脳レベルで深化させ、中国の台頭をけん制する狙い。また、新型コロナウイルスワクチン供給などで協調し、「ワクチン外交」を展開する中国に対抗する。
 サキ米大統領報道官は9日の記者会見で、クアッド首脳会談はバイデン政権で最初の多国間協議の一つになるとした上で「インド太平洋の同盟国やパートナー国との緊密な協力を重視していることを示している」と強調。新型コロナ対策や経済協力、気候変動などを協議すると明らかにした。 (C)時事通信社