【ニューヨーク時事】米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンが、ブラジル型の変異ウイルスに対しても効果があるとする実験結果が9日までに公表された。同社のワクチンはこれまで、英国型と南アフリカ型の変異ウイルスへの効果が実験で明らかになっていた。
 ファイザーや米テキサス大の研究者らが米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に発表した。実験では、ファイザーのコロナワクチンを投与された人の血液を利用。ブラジル型変異ウイルスへの効果は、従来型ウイルスへの効果とほぼ同等だった。 (C)時事通信社