Jリーグは10日、トップチーム選手、スタッフ計8人が新型コロナウイルス陽性と判定されたJ1、G大阪が約2週間活動を休止するため、13日の札幌戦(札幌ド)、17日の仙台戦(ユアスタ)、21日の横浜M戦(パナスタ)を中止とすると発表した。代替日は未定。既に3日の名古屋戦、6日の鹿島戦、10日の大分戦が中止となっている。
 G大阪は4日までに6人が陽性と判定されたが、関係各所と協議して7日から全体活動を再開。しかし、8日の検査で新たに2人が陽性と判定され、管轄の保健所から感染がさらに拡大する可能性があるとの指摘を受け、再び全体活動を中止した。
 代替開催ができない場合、「みなし開催」として0―3の敗戦扱いを受ける可能性もある。オンラインで会見したG大阪の小野忠史社長は「極端な話、中1日でもチャレンジしたい」と述べた。Jリーグの村井満チェアマンからは東京五輪による中断期間を活用する案も出されたという。 (C)時事通信社