自民党の岸田文雄前政調会長は10日、菅義偉首相を首相官邸に訪ね、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえた追加経済対策の提言書を手渡した。生活困窮者に限定した給付金の再支給や、社会人を対象にした技能向上支援策「Go To 学び直し」の実施が柱。首相は「参考にする。同じ問題意識を持つ点がいくつかある」と答えた。
 派閥領袖(りょうしゅう)が首相に提言書を出すのは異例。政調会長ポストを離れて注目を集める場面が減っていることから、存在感を示す狙いもありそうだ。岸田氏は記者団に「年度越えを前に緊急事態宣言が延長された。こうした対策はどうしても必要だ」と語った。提言は岸田派の若手らがまとめた。 (C)時事通信社