製造した皮膚病などの治療薬に睡眠導入剤成分が混入していた問題で、製薬会社「小林化工」(福井県あわら市)は10日、福井県に業務改善計画書を提出した。小林広幸社長と小林順子副社長らが引責辞任し、社長の後任を社外から選ぶ方針が示された。
 業務改善計画書では、再発防止や信頼回復に向け、コンプライアンス(法令順守)体制の強化や、製造管理体制の見直しなどを盛り込んだ。県は今後、改善計画の実行状況を確認し、製造工場の立ち入り調査などを踏まえた上で、事業再開の可否を判断する。 (C)時事通信社